誰でも簡単に転職成功率が3倍に上がる方法とは?転職エージェントが教えます

こんにちは泉です(自己紹介や当サイトの概要はこちらをクリックしてください)。

今回は、転職活動において「誰でも」「簡単に」転職成功率を高められる方法についてお話したいと思います。

実は、転職市場において、このことを知らないがために、損をしてしまっている方がたくさんいます。

例えば、一流企業に勤め、実績、経験ともに申し分なし、人柄良く、コミュニケーション能力も非常に高い方が、このことで気を抜いてしまったがために、実力を過小評価されてしまうのです。

逆に、このことを気をつけたことで、今まで内定をもらえなかった方が内定をもらえたり、あるいは今までより条件の良い会社から内定をもらった方もいます。

もちろん、転職活動を成功させるためには、マネジメント経験を積んだり、資格取得をして自己研鑽に励むなど、ベースのスキルアップは欠かせません。

今回はそういった時間のかかる方法ではなく、「即効性のある」そして「誰にでもできる」方法をご紹介します。

あることに気をつければ、転職成功率を飛躍的に高めることができるのです。

 

転職成功率を飛躍的に高める方法

結論からお話すると、それは「即レス」です。

転職活動をしていると、企業の採用担当者さんや転職エージェントさんなどと、面接の日程調整や応募書類、履歴書などの書類の取り交わしなど、頻繁なやり取りが発生しますよね。

このとき、その1件、1件のやり取りに対する「即レス」を甘く見ないで頂きたいのです。

「なんだ、それだけかよ。」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、転職活動において、なぜそんなに「即レス」が大事なのか、その理由まで理解されているでしょうか。

転職活動をしている側からすると、正直、レスポンスは億劫な行為だと思います。

仕事を終え、疲れきった夜にやらなきゃいけなかったり、リラックスタイムの休日にやらなければならないなど、ついつい仕事というよりはプライベートの感覚、意識で取り組んでしまい、後回しにしてしまいがちですよね?

その気持ちは私も非常に理解できます。

ただ、このレスのスピードが早いというだけで、確実に転職の成功確率は跳ね上がるんです。

逆に言うと、このレスのスピードが遅い方は、本来得られたはずの内定をふいにしてしまったり、より条件の悪い企業からしか内定をもらえなかったりなど、損する可能性が格段に高まってしまいます。

即レスすべき3つの理由

では、なぜそんなにも即レスすることが、転職活動において重要なのか?

その理由は3つあります。

1つ1つ順を追って見ていきましょう。

レスが遅いと企業側に迷惑をかけるから

まず1つ目の理由、それは「レスが遅いと企業側に迷惑をかけるから!」です。

例えば、企業側が面接の候補日程を出してくれたとしましょう。

それに対して2、3日レスをしなければ、当然ですが、企業側はその日程を仮押さえし続けたままにしなければなりませんよね?

皆さんが普通に仕事をしていて、自分のスケジュール帳を見て返信することは、ものの2、3分で済む作業だと思います。

その作業すら翌日になってしまう、最悪2、3日後にレスをしたとなると、どうなるでしょうか。

大震災に見舞われたなどの話なら別ですが、普通は「この人はやる気がないな…」とか「この人はこんな連絡すらできないビジネスパーソンなんだ…」という風に評価が下がってしまうのです。

 

レスが遅いと転職エージェントに迷惑をかけるから

そして、2つ目の理由は、「転職エージェントに迷惑をかけるから!」です。

転職エージェントというのは、企業と求職者の板挟みになってしまうポジションです。

先ほどのように、求職者さんからレスがない場合、「おい、どうなってるんだ!」という様に転職エージェントが企業から怒られてしまいます。

転職エージェントとしても内定に繋げたいですから、「もしかしたら、何か急なご病気かもしれませんね。」とか苦しい言い訳をしてみたり、状況次第では、「ごめんなさい!昨日、僕がインフルエンザで寝込んで、求職者さんからの連絡に気づけませんでした。ごめんなさい!」と泥をかぶってしまう方も中にはいらっしゃるかもしれません。

 

レスが遅いと転職成功率が下がるから

最後に3つ目の理由は、「転職成功率が下がるから!」です。

これまでに挙げた理由からも分かるとおり、レスが遅い人に対する企業側の評価は下がります。

また、転職エージェントにしても、その後の転職活動において、その人への対応の優先順位を下げてしまうことでしょう。

実際に、レスの早い人と遅い人を比べると、体感値ですが、内定に至る確率というのは3倍は変わってくるんじゃないかと感じます。

つまり、突き詰めると、転職活動に限らず何事においてもそうですが、レスが遅いと誰からも嫌がられるということです。

逆にレスが早いと、転職エージェントから好感を持たれて評価が上がったり、もしかしたら虎の子の良い案件を紹介してくれるかもしれません。

ぜひ、このレスのスピードには気をつけて、良い転職活動をしてもらえればと思います。