転職面接で役立つ自己PRの書き方や考え方を、転職エージェントが教えます

こんにちは泉です(自己紹介や当サイトの概要はこちらをクリックしてください)。

今回は、自己PRの方法について話していきたいと思います。

皆さんも、様々な場面で自己PRする機会があるのではないでしょうか?

転職活動に限って言えば、履歴書や職務経歴書で自己PRを書きますし、また、面接では面接官に自己PRを話します

さらには、転職エージェントにも、事前に自己PRを伝えていることでしょう。

これら全ての自己PRに共通する考え方を、これから説明していきます。

自己PRの基本要素となる3つのポイント

全ての自己PRに共通する考え方、その要点は次の3つのポイントにあります。

ポイント①「相手が求める要素を把握する」

ポイント②「自分のスキルの棚卸」

ポイント③「プレゼン(言う順番、表現、熱量)」

これら3つのポイントは、その順番も非常に重要です。

なぜなら、自己PRをするとき、多くの人が、ポイント①からではなく、ポイント②から先にやってしまいがちだからです。

 

孫子(中国、戦国時代の兵法書)の有名な言葉「敵を知り己を知れば百戦危うからず」にもあるように、まずは敵、すなわち相手のことを知ることから始めましょう。

相手のニーズが何なのか、相手が求めているスキル、人柄などを想定することが、全ての出発点になります。

 

そして、それらを把握したうえで、ポイント②「自分のスキルの棚卸」をしてみましょう。

まずは、スキル、資格、能力、人脈、自分はどんなことができるのか、過去どんなプロジェクトを経験したか等々を、機械的に洗い出してみて下さい。

 

その上でポイント③「プレゼン(言う順番、表現、熱量)」に進みます。

プレゼンというのは、相手が求める要素に対して、自分の棚卸したスキルをどうマッチして伝えるかということです。

ここで非常に重要になるのが、「言う順番」、「表現」、「熱量」です。

どういうことなのか、1つ1つ具体的に見ていきましょう。

 

 

まずは「言う順番」。

これは転職に限らず営業でも当てはまるのですが、プレゼンの際は、まず結論から話すようにして下さい。

例えば、相手「何かの資格を持っていること」を求めているなら、真っ先にその資格を持っていることを伝えるべきです。

また、相手の求めることが営業成績であれば、「年間2億円の結果を出します!」とか「自分は社内でトップ10%だった!」などを真っ先に言うべきです。

 

次に「表現」。

これは、要するに「言い方」です。

同じ事象を言うのでも、言い方1つでガラッと印象が変わります。

例えば、先ほど「言う順番」の具体例で、年間2億円の結果を出す、社内で上位10%などの例を出しました。

ただ、日頃から何十億、何百億円の取引をしている総合商社の面接で「年間2億円の結果を出します!」と言ってもピンとこないでしょう。

それよりは、「自分は300人中で上位10%の成績でした!」と言った方が、自分の評価は上がると思います。

 

最後に「熱量」。

この「熱量」も非常に重要です。

いかに自分が物事に主体的に取り組んできたのかを、情熱をもってアピールすることで、面接官の印象はかなり良くなります。

 

繰り返しになりますが、「相手が求める要素を把握する」、「自分のスキルの棚卸」、「プレゼン(言う順番、表現、熱量)」、これら3つのポイントが自己PRの基本的な要素となります。

自己PRのトレーニングやこういった自己PRの文言で大丈夫かなあと心配な方は、ご相談にのったりもしていますので、ご連絡いただければと思います。