3年以内の転職は不利なの?まずは3年働いてからってのはほんと?転職エージェントが教えます

こんにちは泉です(自己紹介や当サイトの概要はこちらをクリックしてください)。

皆さんは、会社を辞める、辞めないという話になったとき、「石の上にも3年」ということわざがよく用いられるのをご存知でしょうか。

「入社をしたら3年は働いてみるべきだ。」という意味合いで用いられることわざです。

これ、はたして本当なんでしょうか?

3年以内に会社を辞めてしまうことは、転職する際に不利なのかどうか、今回はその辺りについて話をしていきたいと思います。

 

非常に難しい「石の上にも3年」問題

3年以内に会社を辞めてしまうことは、転職する際に不利なのかどうか。

結論から言ってしまうと、それはケースバイケースです。

この問題は、その方の年齢や経験など、シチュエーションによって答えが変わってきてしまう非常に難しい問題なのです。

 

たしかに「石の上にも3年」と言い聞かされて育った人事担当者や経営者は、3年未満で転職をしようとする人の履歴書を見て

「この人は、石の上にも3年に適っていないな」

と判断し、採用を見送る場合があります。

転職エージェントにしても同じで、3年未満での転職活動を低く評価する人もいます。

 

ただし、昨今ではパワハラや長時間労働といった問題もある訳で、一概に3年未満の転職活動が必ずしも間違いであるとは言えない訳です。

どうしようもない企業に入社してしまう場合も当然あるわけで。

そんな場合、その会社に何年もいても無駄ですよね。

私もそんな会社に入社したとしたら、3年もたたない内に辞めてしまうと思いますし、それが正しい判断だと思います。

ただ、そんな仕方のない場合さえ、採用の現場においてはなかなか難しいものがあり、1次スクリーニングで落とされてしまう場合もあるのです。

もちろん、転職希望者とじっくり話す機会があって、挽回できる可能性もある訳ですが。

やはりそこも可能性の問題で、一概に「必ず挽回できる」ということは言えません。

 

判断基準は第3者による評価

上記の通り、在職期間が3年未満での転職活動が良いか悪いかの判断は、非常に難しいものがあります。

では、いったい何を基準に判断をすれば良いのでしょうか?

私自身は、信頼のおける友人や転職エージェントなどに、自分の置かれた状況を話し、客観的な意見を貰うことをお勧めします。

なぜなら、世間から見た自分の評価を知ることで、自分が在職期間3年未満で転職することのリスクを自覚することが出来るからです。

 

例えば、よくある例として、新卒で入社した若手が、本当はそんなにブラックな会社ではないのに、ブラックな会社だと思い込んで退職してしまうことがあります。

新卒で入社した若手社員ですから、ブラック企業の基準が当然ながら無いわけで、仕方がないと言えば仕方がありません。しかし、恐らくその若手社員はどの会社に行っても通用しないでしょうし、不幸な転職活動をすることになると思います。

そんなとき、もし退職する前に、第3者による客観的な自分の評価を聞く機会があれば、今の自分ではどの会社に行っても通用しないことを自覚できたでしょうし、自分を正すことも出来たはずです。

 

また、逆に、本当はすごくブラックな企業なのに、自分の中にその会社がブラック企業であるという認識がなかったり、その判断基準がおかしいがために、不幸な状況で働き続けてしまう人もいます。

そんな人も、第3者による客観的な自分の評価を聞くことが出来れば、その状況から脱せられるはずなのです。

若手の方に限らず、転職するタイミングで悩んでいる方は、ぜひ信頼のおける第3者に現状を話し、客観的な意見を聞いてみて下さい

意見の偏りを防ぐために、1人ではなく、複数人に意見を聞くのがポイントです。

 

●転職回数には注意!

最後に補足しておきたい注意点が1点あります。

それはジョブホッパーにならないことです。

1回、2回の転職ならいいのですが、転職の回数が増えすぎると、やはり採用側から警戒されてしまう可能性が高まります。

エンジニアや外資系企業のように、転職を通じてキャリアアップをするという例外的なパターンもあるにはあります。

しかし、一般企業においては、20代で2回~3回ほどの転職という経歴になると、採用側からは疑問を持たれると思っておいて下さい。

(もちろん、その転職回数にきちんとした理由があり、採用側に「その転職は、たしかにもっともな理由があったんだな」と思わせることが出来る場合は、堂々と主張すればOKです。)

 

これまで述べてきたように、在職期間3年未満での転職活動は、その人次第で正しくもなり、間違いにもなります。
信頼のおける第3者の自分に対する客観的評価を複数集め、自身のキャリアに問題がないかどうかを冷静に見極めて下さい。