会社がつぶれる兆候は?あなたの会社は大丈夫?こんな会社は要注意です!

こんにちは泉です(自己紹介や当サイトの概要はこちらをクリックしてください)。

コロナショックで打撃を受けている会社が多い中、「うちの会社、大丈夫かな?」と不安になられている方は多いのではないでしょうか?

今回はそういった方向けに、「会社が倒産する兆候」について、いくつかのポイントをお伝えしていこうと思います。

 

「会社が倒産する兆候」を知りたいとき、よく言われるのが「会社の財務状況などを知るために財務諸表を読めるようになりましょう!」とか「BS、PL、あとキャッシュフロー計算書、これを読めるようになりましょう!」といった話です。

確かにそれは正しいのですが、財務諸表や帳簿、こういったものって、通常は一般社員には閲覧不可になっている会社がほとんどじゃないでしょうか?

特に非上場企業の場合だと、一部の経理社員の中でも幹部の方しか見ることができないとか、そういったケースが多いはずです。

 

では、一般社員はどうしたら「会社が倒産する兆候」を掴むことができるのでしょうか?

その答えは、会社が危険な状態に陥ると、一般的に経営者が行おうとする2つの行為に隠されています。

ずばり、それは「キャッシュの確保」と「経費の削減」です。

「会社が倒産する兆候」を、大きくこの2つのポイントに分けて説明していきましょう。

キャッシュの確保

まずは、会社が「キャッシュの確保」を行おうとするとき、実際にどのような事象が起きるのかを見ていきましょう。

例えば、営業部隊であればノルマが厳しくなることが考えられます。

今までは自主的に目標を立てることが許されていたのに、いつまでにこれだけの売上をあげろとか、会社都合でこれは絶対やりなさいという様に、有無を言わさず精神論を押し付けてくるといったケースが出てくるでしょう。

また、キャッシュの確保のために、既存の取引先、売上をあげた先から早く売掛金を回収せよという指令がでたりもするでしょう。

あと小口の売掛の回収、集金を早くやれとか、小口でもしっかり全額回収せよというように締め付けがきつくなるという状況が考えられます。

さらに、土地、店舗、機械や車といった資産売却を急ぐようにもなるでしょう。

本来は事業に必要で買っているものなので、資産売却は先々自分のクビを絞めてしまうのですが、倒産の危機が迫っていると目先のキャッシュを確保しないといけないので、急いで売りに出すことになるのです。

あとは同じことですけれども、採算度外視で商品を売る、いわゆる在庫処分セールみたいなことを脈絡もなくやるとなると、これも危険信号の1つだったりします。

経費の削減

次にもう一つのポイントである「経費の削減」ですね。

倒産の兆候としてよく言われることですが、例えば毎年やっている社員総会やパーティーが中止になる。

これはちょっとコロナもあるので、直近の状況では何とも言えませんが、毎年やっていたのに何で急に止めたのかなと不審に思う方もいるでしょう。

また、備品やちょっとした消耗品を買うことに非常にうるさくなる、文房具なんかは自腹で買うように言われるなど、こういったことが起きた場合もちょっと怪しいですね。

あと、私なんかはよく営業として他社を見たときに気付くのですが、会社内のオフィスの様子がどことなく雑然としている、汚いといった場合も要注意です。

つまり、どういったことかと言うと、普段入っている清掃の業者さんの頻度を減らしたり、カットしている可能性が考えられるんですね。

設備のメンテナンスや維持費、こういうところをケチるようになっているということなんです。

他にも、ウォーターサーバーの補充がされないとか、自販機がいつも社割で買えていたのにいつの間にか定価になっているなど、そういった点も注意すべきポイントです。

さらに、経費削減でここまできたらいよいよという点で言うと、やはり人件費の削減でしょうか。

ボーナスカット、これはコロナの影響で多くの会社がやらざるを得ないのかなと思うのですが、今まで付いていた手当てが、なぜか何かの名目で消える。

あとはもちろん本体の減給、これが自分1人でなく、ある程度のチーム単位や部署一斉に減給されるとなると怪しいです。

 

また、給与や経費精算などの支払が遅延する、これは1発アウトの事象です。

いわゆる遅配は、まともな経営者なら何を意味するのか分かるのでまずやりません。

その上でやるということは、やはり相応の際どい理由があるということなんですね。

あとは希望退職を募る、これなんかも分かりやすい例だと思います。

 

それ以外の兆候

さて、これまで「会社が倒産する兆候」として「キャッシュの確保」と「経費の削減」という2つのポイントを見てきました。

これら2つのポイントは、会社側が危機を感じることによってとる行動なんですが、実は会社がとる行動以外にも「会社が倒産する兆候」として注意して欲しいポイントが何点かあります。

番外編として、それらをご紹介していきたいと思います。

まず1つ目、それは社長がピリピリしているなという感覚です。

これは社員さんでしたら、なんとなく感じ取ることができるのではないでしょうか?

また、幹部級の社員、役員や事業部長、経理のマネージャーもしくはリーダー、他にはエースの営業マンとかですね。

そういった方々が相次いで辞めてしまうという場合は、やはり何かを察知しての行動だと考えることができます。

 

さらに、主要取引先、お得意さんが潰れてしまう。

こういった事態はですね、連鎖的に自社の経営危機を呼びかねないですから、それが販売先でも仕入れ先でも要チェックです。

 

あとは住宅ローンや車のローンが通らないという噂を聞いた場合も気を付けてください。

もちろん、その方自身がクレジット返済、クレヒスが悪いという可能性もあるのですが…。

以上が、「会社が倒産する兆候」を見極める際、参考にすべきポイントです。

 

皆さんの中には、倒産危機に面している会社なら、上記のポイントをチェックしなくとも、社内の雰囲気でなんとなくわかるだろうと思う方もいるかもしれません。

しかし、会社が倒産危機に面していても、社内の雰囲気は割とのほほんとしてることって結構あります。

一部の中枢の役員陣とか経理部門はすごい殺伐と一生懸命やっているのですが、口止めされるんですね。

そのため、経営部門は裏ですごく焦っているんですが、一般社員側はいつも通りのほほんと、うちが潰れることはないだろうなという風な感じで、意外と危機感が伝わっていない場合もあるのです。

でも、今回申し上げたようなポイントをいくつか満たしてくるようになると、ちょっとこれ怪しいかもなということで転職だったり、あるいは何らかのリスクヘッジというものを考えていくことができます。
今回述べた「キャッシュの確保」、「経費の削減」、「それ以外の外部的兆候」といったポイントを参考に、「うちの会社はどうかな?」とぜひ今一度チェックしてみてくださいね。