入社してはいけないブラック企業の特徴や見抜くためのポイントを、転職エージェントが解説します

こんにちは泉です(自己紹介や当サイトの概要はこちらをクリックしてください)。

今回は「入社してはいけない会社の特徴やチェックポイント」の話をしようと思います。

あなたは何を求めて仕事をしていますか?
会社があれこれしてくれる時代ではないので自分で職業選択をしていかなければなりません。

こんな会社はやめた方がいい、退職した方がいい

まず第一に、睡眠時間をとれない会社はダメです。

世の中で一番重要なものは健康であり、睡眠はその要。それをとれない会社はダメです。

会社によっては、15分しか寝れない会社もあるそうです。どことは言いませんが本当におかしいですね。

 

また、仕事のストレスで不眠症になったりする会社もやめたほうがいいです。過大な責任で追い詰められてしまう環境はよくありません。

パワハラをしてくる上司がいる会社も辞めたほうがいいでしょう。

 

あと、これは人によって考え方は違うところですが、個人的には大企業であったとしても、事業が成長してない・する見込みがない会社は、やめたほうがいいと思っています。

自分の手で変えるんだという方は是非チャレンジしてほしいですが、一般的には伸びる会社の方が良いことが多いです。

 

基本的には、自分が重視する価値観(やりがいとか、休み時間の多さとか)を把握し、その価値観に今いる会社があっているか考え、それが合わないし合う見込みがないと思った場合も、辞めた方がいいです。

合わない場所にいると会社も自分もお互いに不幸になります。