転職先を上司や会社に聞かれても、退職前に話しちゃダメな理由を転職エージェントが教えます

こんにちは泉です(自己紹介や当サイトの概要はこちらをクリックしてください)。

突然ですが、皆さんは、今いる職場の上司に転職先のことを聞かれたらどうしますか?

皆さん、なんとなく「転職先のことは言わない方が良いだろう。」と思っているのではないでしょうか?

結論から言えば、まさにその通りで、今いる職場の上司に転職先のことは話さない方が賢明です。

しかし一方で、これまでお世話になった上司に対し、何も言わないというのも気が引けるという方も多いかと思います。

今回は、なぜ今いる職場の上司に転職先のことは話さない方が良いのかの理由やどうしても話したいときの話すタイミングについて説明していきます。

引き留めの材料を与えるな!

なぜ今いる職場の上司に転職先のことは話さない方が良いのか、その理由はつまり「引き留めの材料を与えないため」このことに尽きます。

今いる職場の上司に転職先のことを話すことが、どうして引き留めの材料を与えることになるのかを具体例を通して見てみましょう。

例えば、あなたが上司に対して「A社に転職することになりました。」と伝えたとします。すると上司は「A社に転職するということは、うちのこういったところに不満があったのだろう。」と推測することが出来るのです。

そして、例えば不満と考えられる要素が給料であれば、あなたに対して給与のアップを提案することが出来る。

すると、あなたと会社との間での退職交渉が長引いてしまう可能性が高まってしまいます。

退職交渉が長引くことは、転職するうえで好ましことではありません。

転職先の入社日が決まっているにも関わらず、1か月、2か月と後ろ倒しになる可能性もありますし、そのことで転職先での評価が下がることもあり得ます。

最悪の場合、内定取り消しになることだってあるのです。

そういった事態を招かないためにも、できるだけ転職先に関しての話はしない方が無難です。

どうしても話をするときは…

今いる職場の上司に転職先のことは話さない方が良い、そうは言っても、お世話になった上司に対して何も言わない訳にはいかない人もいるでしょう。

そういった方は、退職最終日に話をするようにしましょう。

それなら引き留めなどの話は関係ありません。

転職先に入社した後に話すのもOKです。

退職前に上司や会社に転職先の話をしたことで、余計なトラブルを招いてしまったという話は決して珍しくありません。

あなたにとって転職が成功であったと思えるように、最後まで慎重に行動するよう心掛けて下さい。